インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2018.3.30
商品紹介

【文庫本買取】下がりにくい文庫

札幌市清田区にて文庫本の買取をさせていただきました。

 

 

こちらは佐々木惣一・著の「立憲非立憲」(講談社)ですね。

講談社学術文庫は、今回買い取らせて頂いた人文系の書籍はもちろん、その他に理系の書籍なども多数出版されている文庫です。

この他にも、ちくま文庫や中公文庫なども多数取り扱っていますので、査定からだけでも結構ですので、お問合せ頂ければ幸いです。

文庫本の市場

今回買い取らせて頂いた文庫本ですが、本来はどうしてもお値段がつきにくいというのが、現状です。

文庫本といえば、単行本と比べて廉価であるということが、やはり最大の特徴ですね。

単行本と比較しても、大量に市場に出回ることから、やはり市場価格も早く落ちる傾向にあります。しかし、一方で「名作なんだけど、中々再販されない」という本などは、やはり価格も落ちにくい状況にあります。

お手元の本でも、意外な希少価格のついているものもあるかもしれませんね。

相場が落ちにくい文庫は?

では、全ての文庫が軒並みお値段が下がるかといえば、実はそうではありません。

今回買い取らせて頂いた講談社学術文庫や、岩波文庫、ちくま文庫、中公文庫などは下がりにくい傾向にあります。

これらの文庫は、中々再販されないという大きな特徴がある為だと言われています。もちろん、夏目漱石などの有名な作者の作品は、再販されることもありますが、思想書や歴史書などは、新刊書店の店頭分のみということが多いです。

その為、長く市場での需要はあるものの、再販されにくいという性質があります。

書籍買取

書籍の買取についてもう少し。

買い取らせて頂くときには、本の市場も重要ですが、本の状態もやはり大きな目安になります。

経年による日焼けはもちろんですが、他にもシミやスレなども一つの指標にはなります。

それと、地図などが折込でついている本は、やはりその地図の部分も査定させて頂きますので、お売り頂ける場合は、予め折り込んで頂ければ、非常に幸いです。

文庫以外の書籍も喜んで査定させて頂きますので、お気軽にお声がけください。

買取可能な文庫の一例 

タイトル

販売会社

 天皇の歴史

 講談社

 論語物語 

 講談社

 興亡の世界史

 講談社

 生命誌とは何か

 講談社

 本好き女子のお悩み相談室 

  筑摩書房

 人間とはなにか

 筑摩書房

 生物から見た世界

 岩波書店

 新編 中国名詩選

 岩波書店

 蓮の数式 

 中央公論新社

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る