インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2017.2.26
商品紹介

薬は飲まなくてもなんとかなる

古本を買取させていただきました。


こちらは薬に関する本ですね。

タイトルからして恐ろしいですが、病気を治すための薬によって病気になってしまうという題材は多くの本がテーマにしていることでもあります。

体調が不良になると薬を飲む人も多いと思うので、これは知識として頭に入れておいて損はないのかなと思いますが、どこまで正しいのかはまだまだ分からない点もあり、鵜吞みにはできない点も多々ですね。

薬を飲まなくてもなんとかなる

た私はこの薬による病気的なことを知ってからほとんど薬を飲まなくなりました。飲んだとしても自己免疫では治しにくい抗生物質などだけにするようにしています。

頭痛や腹痛など、薬を飲めば楽な状態になるかもしれないとわかっていても、薬による副作用が体のどこかで起きているかもしれないとなるとなんだか飲めないんですよね。

薬を飲むと明らかに痛みが引きますし、体にとって大きな外的要因の負荷がかかっていることは明らかです。

とりあえずはマイナスのものがゼロになって楽にはなるけど、どこかで別のマイナスが積もって病気への導線となっているんじゃないかと生来の心配性が顔を出してしまうんです。

そして、以前は腹痛にもよくなっていて普通に薬も飲んでいた私ですが、薬を飲むのをやめて乗り切るようにしてから全く腹痛が起きなくなっているんです。以前なら週に一度は襲われていた腹痛が、今では1年に1回あるかどうかという変わりっぷりですからね。

まあこんな単純なことではないと思うんですけども。思い込みというのも少なからずあるのでしょう。

プラシーボ効果

薬を飲まないというのがどこまで正しいかわかりませんけどね。

これが悪いものかもしれないと思いながら飲むと、本当に体にはよくないのは証明されています。薬だけっじゃなく食べ物もですね。

これを食べたら体に悪いかもしれないと思いながら食べると、本来の悪影響よりもより悪いものとなってしまうというものです。

プラシーボ効果ですね。

医者に薬だと渡されると小麦粉でも治ってしまったり、お酒だと飲まされるとノンアルコールや水でも酔ってしまったり、毒だと言われると本当に具合が悪くなってしまうという効果です。

脳が思い込むことによって実際に体にも影響があるのはまちがいないので、薬を良いものと思って飲むならいいのですが、私のように別の病気になるかもしれないと思いながら飲むとそれは何か悪い方向にも向いてしまうのだと思います。

心配性やマイナス思考は損なのはわかっているので、マインドを変えなければなりませんね。

薬が体に効く過程

そんなマイナス思考もあって、薬がどのように体に作用するのか調べたこともありました。

飲み薬はまず胃で溶かされますよね。そして一部が胃で吸収され、ほとんどが小腸によって吸収されます。

その後に血管を通って肝臓へ運ばれ分解されます。

肝臓は500種類もの働きをしてしますが、有害なものの分解も主な働きで、薬は異物な成分として捉えられて無害な物質に変えられます。肝臓スゴい!

そして、肝臓から血管に入り、血液、血流によって全身に運ばれ、有効成分の効果が発揮される場所に達するとその病気を治します。

その後は肝臓へ戻り、腎臓を経て尿などによって排出されるという流れです。

うーん、それぞれの臓器もすごいですが、人体の仕組みがすごすぎですよね。自分では意識していなくてもこれだけの働きをしている自分の体に感謝しなければいけないなといま書きながら思ってしまいました。いまさらですが。笑

古本買取

古本買取についても少し。

薬や薬学に関しては専門書となり、ぜひお売りいただきたいジャンルのひとつです。

古いものでも価値があり、定価が高めなのもあって高価買取品が多いので、ご不要なお品物がございましたらぜひお声をかけてくださるとありがたいです。

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る