インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2016.12.19
コラム

真田丸最終回感想

2016年の大河ドラマである真田丸が最終回を迎えました。

真田丸はブームになるまでの大ヒットでしたね。好みもあると思いますが、今年の大河は当たり年だったと思います。

波乱の戦国時代を駆け抜けた真田家がテーマで、真田幸村という人気の武将にスポットを当てたことから一般ウケもかなりよかったのではないでしょうか。

上田城の観光効果を見ると一目瞭然ですね。

個人的には流行語大賞に関連用語がランクインしても良かったなと思うほどです。

真田丸感想

第1回から最終回までを録画して何度も見直しながらの視聴をしていましたが、真田丸は史実に基づいたシリアスな脚本に、コメディを含めたオリジナリティを加えながら、非常に良い作品だったと思います。

大野治長が浪人寄りになっている脚本は初めて見たかもしれません。これはかなり新鮮でした。代わりに母親の大蔵卿がかなりの悪役として際立ってしまいましたが。

そして真田丸の盛り上がりには、役者さんたちの演技に唸るものが多かった点が欠かせませんね。

内野聖陽さん(徳川家康)、本多正信さん(近藤正臣)、草刈正雄さん(真田昌幸)、小日向文世さん(豊臣秀吉)、高嶋政伸さん(北条氏政)が特に際立っていたように思います。

演技を見たいがために何度も再視聴するという楽しみ方すらできるぐらいの素晴らしさでした。

最終回感想

そして重要な最終回ですね。史実を変えない限りは、真田幸村(信繁)が徳川陣に突っ込むものの届かずに討ち死にという結果になってしまいます。今年こそ豊臣が勝てる雰囲気もあったんですけどね。笑

真田丸でも御多分に漏れずその通りの結果とはなったのですが、そこに至るまでの経緯には少しドラマ仕立てが強いかなと感じました。

特に単騎駆けで家康の目の前まで辿り着き、馬上筒で追い詰め、家康と直接会話をするところには疑問を感じずにはいられません。そこを演出してしまったために、死地である安居神社に辿り着く道程にも不都合が生じたように思います。

幸村死後の大坂方のラストをばっさりと端折ったのもモヤモヤが残る点ですね。まあ、史実を調べればいいのですが。

歴史的解釈に余韻を残したのでしょうけど、この辺りが不満に残ってしまったので、最終回はかなりもったいなかったなという感想です。もう少し回収してくれれば今以上の神ドラマにもなったと思います。

まあ、ここまでが非常によくできていたのでハードルが上がり過ぎた感もあるんですけどね。

ただ、今までにおざなりにされていた毛利勝永の活躍がピックアップされたのが良かったです。

毛利勝永はもしかすると真田幸村以上の活躍をした可能性まであるので、これからもっとピックアップされて評価されることを期待したいです。

真田丸関連の買取

買い取りについても少し。

真田丸関連にはDVD、サウンドトラックCDがあります。今後、本も出版されそうですね。

来年も真田丸の余波は続きそうなので、これらはしばらくは高価買取品となりそうです。ぜひお売りいただきたいお品物ですね。

ご不要な古本やCDやDVDなどがございましたら査定などさせていただきますので、ぜひお声を掛けてくださると幸いです。

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る