インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2021.10.8
お得な情報

大学の教科書を買取に出す際に知っておきたい知識と高く売るためのポイント

部屋の整理をしている時に、本棚や押し入れの奥に眠っていた教科書が出てきて処分に困ったという方は少なくないでしょう。

しかし、中学校や高校とは違って、大学で使用される教科書は高く売れる傾向にあります。

ここでは、大学の教科書を買取に出す上で理解しておきたい基礎知識や高額で買い取ってもらうためのポイントを解説します。

大学の教科書は専門書・学術書が多く、高く買い取ってもらいやすい

大学は高校よりも特定の分野を掘り下げた内容となるため、教科書として指定される本は必然的に専門書・学術書が多くなります。

中には授業で学ぶタイミングだけでなく、卒業して研究室や専門の企業に所属した後も使えるような有用な本である場合も少なくありません。

中学校・高校の教科書を中古で販売した場合は同じ学生にしか需要がありませんが、大学で使用された専門書は学生はもちろん、研究職や読書家、図書館などさまざまな需要がある点も高く買い取ってもらえる理由です。

また、高校の教科書と比べて本としての寿命が長い点も高額でやり取りされる理由となります。

高校で使用されるのは文部科学省検定済教科書といって、通常であれば4年ごとに更新されてしまいます。

しかし、大学の指導要領は年々進歩を続ける遺伝子などの分野を除けば頻繁に大きく変わることはありません。

加えて、大学の教科書となる専門書・学術書は新品で購入すると高額である本が多いです。

授業が始まる前に買い揃えなければならない上に、その年に入学した学生であれば新生活のためのお金も必要です。

経済的な負担を減らすために、中古の大学の教科書を探す学生が多い点も高く買ってもらえる理由と言えます。

買取対象となるのは基本ISBNコードが付いている本

価値の高い専門書・学術書であれば何でも買い取ってもらえるという訳ではなく、原則的にはISBNコードが付随していることが条件となります。

ISBNコードは書籍の裏表紙に印刷される数字列であり、「International Standard Book Number」の頭文字を取った略称です。

日本では「国際標準図書番号」と翻訳され、国内で出版された書籍に付与される番号です。

世界共通で管理されている番号であり、日本をはじめ117ヶ国で発行される本に付けられます。

ISBNコードが付与されていない本を取り扱わない書店は非常に多く、そのために買取を受け付けない店舗も少なくありません。

大学から教科書として指定される書籍は基本的に出版社が製本した市販の本であるため、大抵は買い取ってもらえます。

ただし、中にはISBNコードが付与されていない本が指定されることもあります。

例えば、購入の際に希望者を募って大学や教授がまとめて取り寄せるような形式の本には注意が必要です。

高く売るためのポイント

教科書・書籍に限らず、買取に出す際には状態の良いものの方が高額になる可能性が高いというのが鉄則です。

教科書の表紙や裏側、中身をチェックして落ちそうな汚れであれば綺麗にしておきましょう。

この時に活躍するアイテムが消しゴムで、鉛筆での書き込みはもちろん、表紙や裏表紙の汚れを落とすこともできます。

注意点としては、こする前に消しゴムの表面を綺麗にしておくことと布製の表紙には使用しないことです。

消しゴムの先が黒ずんでいると却って汚れを広げたり、表紙に定着して取れなくなることもあるため、注意が必要です。

本の内側に臭いが染み込んでいた場合は、新聞紙を数ページごとに挟む消臭方法が効果的です。

使う機会がなくなったら、すぐに査定に出すことも高額で買い取ってもらうためのポイントです。

授業が終わると教科書を放置しがちですが、読まないまま長期間本を放置すると劣化が早まります。

ホコリ程度であればすぐに拭えますが、日光や蛍光灯による日焼けのダメージは回復できません。

また、本棚に収納していた場合、他の本をしまう際にうっかり巻き込んで表紙を破ったり、ページを折ってしまうといった事故も起きやすいです。

授業が終了して今後使う予定がないのであれば、良好な状態をキープできているうちに早めに買い取りに出すことをおすすめします。

新品の教科書を購入して、使い終わった後に売ることを検討しているのであれば使い方を工夫しましょう。

本の中に書き込みが少ない方が買取価格は上昇するため、なるべくマーカーや書き込みを行わずにノートに記録するようにします。

売る時に帯があった方が高く売れるため、購入したら真っ先に外して保管しておくと良いでしょう。

表紙へのダメージを最小限にするために、ブックカバーを使用するのもおすすめです。

まじめな本お売りください

大学の教科書を売る際はISBNコードと本の汚れをチェック

大学で使用される教科書は専門書・学術書であることが多いため、高く買い取ってもらえる可能性があります。

多くの本はISBNコードが付与されていますが、中には特殊な書籍もあるため、あらかじめチェックしておきましょう。

査定に出す前には表紙や中身に汚れがないか確認し、帯・カバーや他の教科書・参考書も揃えて依頼することで買取価格が上がりやすくなります。

札幌周辺で買取業者をお探しの際は、ぜひ当店をご利用ください。

同じカテゴリの記事を読む