インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2017.5.24
商品紹介

【DVD・ブルーレイ買取】告白ブルーレイBOX

DVDとブルーレイを買取させていただきました。

こちらは告白ですね。湊かなえさん原作の小説をもとにした映画です。

私も大好きな作品で、これがデビュー作というのですから湊かなえさんの底知れなさが窺えます。

告白

ネタバレになるので詳細は避けますが、「告白」と言っても恋愛ではなく、サスペンス要素のある内容の「告白」で、タイトルの印象とは違いかなり骨太な作品です。

舞台としては中学校内という狭さなのですが、スクールカーストというリアルが存在し、そこに巻き込まれていく様々な伏線要素の広がりと、それを全てしっかりと回収する素晴らしさです。

最初の告白内容としては、

「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

という内容で、このセリフだけで何かが始まる予感がしますね。

多視点での群像劇になっているので、ミステリーやサスペンス好きな方にはおすすめの作品です。ぜひ一度。

原作小説と映画どっちが好き?

映画ってオリジナル脚本も当然あるのですが、小説原作からの映画化というのも非常に多く感じます。小説と映画って、1話で全て完結するという収まりの相性がいいんですよね。

小説原作を知っている人が映画を見ると、案外違うなあとなったりすることもありますが、それがまた良かったり違う角度から楽しめるのもいい点でしょう。やはり文字で想像していた世界が、映像化されるというのは格別なものがあります。

また、逆のパターンもアリ、映画を見て原作小説が気になるパターンもあるんですよね。

作者さんにとっては、映画化というのは権利料で数百万入りますが、その後の原作が売れる印税の方が大きいらしいので、やはり映像化の影響は大きいものがあるのでしょう。

作者さんの印税

そして、映画化で権利料しか入らないのってちょっと意外ですよね。

興行○○億円と出ても作者さんには数百万しか入らないというのですから、以前どこかでその安さがピックアップされていました。

映画側はコケるリスクが大きいので、原作料はこれが妥当であとは原作側の印税で、というのが慣例のようです。まあ、数百万が安いというのもちょっとアレですけどね。印税の世界は金額のレベルが違うなあと感じます。

ちなみに、映画がDVD化された場合には、作者さんに印税が入るパターンが多いようですね。この辺りはそれぞれの契約にもよるらしいですが。

DVD・ブルーレイ買取

DVDやブルーレイ買取についても少し。

映画やドラマがDVD化されるのはかなりの頻度ですね。ただ、供給が多い分、値下がりは少し早めの傾向なので、できるだけお早めにお売りいただきたいジャンルのお品物です。

ご不要なDVDやブルーレイなどがございましたら、査定などからさせていただきますのでぜひお声をかけてください。

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る