インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2017.4.2
商品紹介

DVD64買取させていただきました

いつも買取のご依頼ありがとうございます。札幌買取一番です。

先日、DVDの64(ロクヨン)を買取させていただきました。

小説・映画とヒットし、現在はレンタルでも邦画部門人気TOP5に入る作品です。

横山秀夫の渾身の一作

原作の同名小説は、横山秀夫が心筋梗塞で倒れた2003年以降、文藝春秋での連載を開始したのですが、体調不良等により一度連載を中止しています。

その後2009年に出版が決まり、手直しを加えて出す予定だったものが、横山秀夫本人より読者からお金をもらえる作品ではないと急遽出版中止となりました。

そこから2014年に今度は全面改訂して出版となりましたが今度は突然の記憶障害に襲われ、回復までの苦しい期間をへてようやく世に出た作品だったのです。

映画主演は佐藤浩市

主演は佐藤浩市です。

実はもう56歳なんですね。三國連太郎の息子というイメージが強く、容姿も若く見えるのでちょっと驚きでした。

警察物の作品ですので他にも警察関係者の役があり、キャストの人数はなかなか多めです。

キャストを見ると若手からベテランまでかなり妥協無しの俳優陣が揃っています。

実はこの映画版は原作とラストが少々違っています。気になる方は比べてみてください。

横山秀夫の作風

元々は新聞記者だった横山秀夫は、記者時代の経験が元になっていると思われる警察関係の小説が多いです。

「64」を含むD県警シリーズや「半落ち」や「臨場」等、短編から長編小説まで書ける作家です。

他には日本航空123便墜落事故をテーマにした「クライマーズ・ハイ」などが有名です。こちらは横山秀夫が新聞記者時代に遭遇した事件で大変なショックを受けたことが作品からも伝わってきます。

心筋梗塞や記憶障害などを患い体調面でやや不安があるため、今後の作品はスローペースでの発表になるでしょう。

過去の作品は沢山ありますのでそれまでは過去作品を映像化となるかもしれませんね。

文学界での横山秀夫

2003年の直木賞選考会で「半落ち」が候補に挙がるも受賞を逃しました。

当時の審査員だった北方謙三には作品の設定に関して「事実ではありえない」と批判、横山秀夫が調べ直したところ事実誤認はなかったと確信。

直木賞を主催する日本文学振興会に事実の検証を求めましたが、振興会からは回答がないままとなり、直木賞にそこまでの権威があるかという議論がおこる事態となりました。

この件で横山秀夫は直木賞との決別を宣言しています。

DVD・ブルーレイ買取

DVD・ブルーレイ買取りについても少し。

現在も人気作品の64は現在高価買取中です。他にも高価買取対象の商品が沢山ありますので、見終わったdvdやブルーレイなどございましたら査定だけでもお気軽にご連絡ください。

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る