インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2017.5.4
商品紹介

【家電ホットプレート買取】焼肉とバーベキューの違い

日用品家電を買取させていただきました。

こちらはホットプレートですね。家庭で気軽に焼き肉ができる食卓の強い味方です。

ホットプレートは、電源さえあればアウトドアのバーベキューでも使用ができますし、用途は広くかなりのお役立ちアイテムだと思います。

バーベキューと言っても肉を焼くだけではなく、しっかりと料理にこだわってこそアウトドアのできる男って感じなのでしょう。ちなみに私には塩コショウを振るぐらいしか能がないのが悲しい点です。

北海道はバーベキューシーズンが短い

北海道は外出関連全般に関してですが、アウトドアシーズンが短いというのはご存知だと思います。

寒さと雪があるからこそできる遊びもあるのですが、春~夏の暖かい期間が短いのでどうしてもアウトドアに関しては他地域よりも劣ってしまうんですよね。

そしてバーベキューもそのひとつでしょう。

キャンプまでしないにしても、お花見や川遊びなどでバーベキューをできる期間は限られてしまっているのが現実です。

逆に、その短い期間を堪能するために海で泊まり込みキャンプやバーベキューをするという独特の風習も生まれたのだと思いますが。(海でテントを張って泊まるというのは北海道独特の文化らしいです)

バーベキューと焼肉の違い

バーベキューと焼肉の違いってご存知でしょうか。

イメージ的にはバーベキューは外で、焼肉は室内、もしくはバーベキューは肉を串に刺して、焼肉は箸やトングでひっくり返して焼くといったイメージかもしれませんね。

まあ私もそう思っていたわけですが。

バーベキュー協会の見解だと、調理が主体の焼肉、料理がメインなのがBBQという区分けなようです。

焼肉は調理と食事が同時進行の「焼きながら食べる」ということで、バーベキューは肉や野菜を全て焼いてからお皿に盛り付けて食べるというのが基本です。

要するに、焼肉は焼きながら食べる、バーベキュー焼き終えてから食べるという区分けになっているようですね。

これ、個人的には結構意外で、言われてみれば確かにそうかもなという感じです。焼肉で一斉に焼いてから盛り付けて食べることはないですもんね。

バーベキューに関しては、焼きながら食べるということもする気がしますが、あれはバーベキューではなく「外で焼肉をしている」というカテゴリーに入るのかもしれません。

まあ、言葉の意味は一般的に浸透している方が正しいという多数派に寄っていく面もあるので、通じれば特に問題はないのだと思います。

家電買取

家電買取についても少し。

札幌買取一番では、本やCD、DVD、ゲームなどのメディア商品以外にも、家電も買取させていただいております。

ホットプレートのような日用品家電も喜んで買取させていただきますので、ご不要な家電などがございましたらぜひお問合せください。

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る