インフォメーション

0120-111-974

まずはお気軽にお電話を!

営業時間
10:00~19:00(年中無休)

簡単・スピーディに
LINEで無料査定!

まずは無料査定

お気軽にご相談ください

2016.12.4
コラム

茶色と白の段ボールがある理由

段ボール手芸の本を買取させていただきました。

%e6%ae%b5%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%ae%b6%e5%85%b7%e6%9c%ac

こちらは段ボールで作る家具という本ですね。

実は段ボールはかなりの耐久性があるので、色々なものを作れてしまいます。

物入れなどに利用することはよくあるかと思いますが、組み立て方次第では家具なども作れてしまうということですね。

テーブルや本棚はなんとなく想像が付きますが、人間の体重を支える椅子などまで作れてしまうのですから驚きです。

そういった変わった使い方もありますが、段ボールと言えばやはり収納ですよね。引っ越しなどでの大量使用もありますし、私たちも本などの持ち運びには欠かせないのが段ボールです。

白と茶色の段ボール

段ボールには白と茶色のものがあるのはご存知だと思いますが、これの使用用途の違いってご存知でしょうか。

基本的には段ボールは茶色で、これはなにも着色をしない場合のボール紙の本来の色です。コストが一番安く、最も一般的に使用されている段ボールだと思います。

引っ越しされたことがある方はわかると思いますが、引っ越し会社の使う段ボールって白いものが多いんですよね。

白の段ボールはわざわざ白に着色しなkればならないのでコストも高くなるのですが、これにはちゃんと理由があります。

白い段ボールを使う理由

引っ越し会社が白い段ボールを使う理由は、ズバリ「気分的に軽くなるから」です。

もちろん、白は清潔感のある色なので、会社としての印象もいいのですが、「気分的に軽い」というのが大半の理由のようですね。

白は最も重さを感じない色なので、引っ越し業者さんの疲労度が明らかに違うようです。気分からくる疲労は人間だとどうしても感じてしまうんですよね。

数字に出してみても、段ボールを白にしてから作業効率が明らかに上がったようです。

あとは、白は目立つので、運び忘れも防ぐという効果も期待でき、少しのコスト増よりもメリットの方が大きいという判断なのでしょう。この分の価格が引っ越し料金の方に反映されているとしたらちょっと嫌な話ですけどね。

買取の段ボール

当店も段ボールによって、古本の持ち運びをしていますが、宅配買取の場合にはお客さなからお品物を送っていただくことになります。

その際には段ボールを使用して梱包していただくのですが、この段ボールは当店から無償で提供させていただいておりますので、お問い合わせの際に段ボールを何枚希望と仰っていただけるとお客様のご負担がありません。

こちらは当店の買取サービスの一環となっておりますで、ご遠慮なさらずにどうぞ希望の枚数を仰っていただけるとありがたいです。

それでは買取のご依頼やご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

同じカテゴリの記事を読む

書籍の買取強化期限中 まじめな本、お売りください! 詳しく見る